WhatsAppの「DeleteforEveryone」機能の期限がAndroidベータ版で1時間以上に延長されました

WhatsAppは、「全員削除」機能を更新して、ユーザーが送信済みメッセージを4096秒または68分16秒以内に削除できるようにしました。これは、以前の7分の期限とは異なります。

WhatsApp、WhatsApp Delete for Everyone、WhatsApp Delete for Everyone期限延長、WhatsApp機能、WhatsApp削除メッセージ、WhatsAppアップデート、WhatsApp新機能、WhatsAppベータ版、AndroidWhatsAppは、昨年11月に、Android、iOS、およびWindowsユーザー向けに「すべての人に削除」機能を正式に公開しました。

WhatsAppは、「全員削除」機能を更新して、送信されたメッセージを4096秒または68分16秒以内に削除できるようにしました。これは、以前の420秒または7分の期限とは異なります。によるとWABetaInfo、この機能は現在、WhatsApp Androidベータバージョン2.18.69で公開されており、AndroidとiOSの安定リリースが間もなくリリースされます。これは、現時点では、WhatsAppAndroidベータテスターのみが「全員削除」機能の延長された期限を利用できることを意味します。



思い出してください。WhatsAppは昨年11月に、Android、iOS、Windowsユーザー向けに「すべての人に削除」機能を正式に公開しました。ローンチの時点で、送信後7分以内にメディアを含む送信済みメッセージを削除することができました。メッセージが正常に削除されると、受信者と送信者の両方に通知が届きます。

この機能は非常に便利ですが、メッセージの削除期限が短すぎると主張するユーザーもいました。 WhatsAppがAndroidとiOSの最新のアップデートで問題を処理するようです。このアップデートにより、ユーザーは1時間後でも送信済みメッセージを削除できるようになります。



一方、WhatsAppは、ユーザーが別のチャットまたは同じチャットから転送されたメッセージを「転送されたメッセージ」としてマークできるようにする新機能に取り組んでいます。この機能は、Androidベータバージョン2.18.67で利用できると報告されています。新しいステッカー機能もAndroid向けに開発中であり、まもなく利用可能になるとWebサイトが報じています。 Facebookが所有するアプリは、ステッカーを他のチャットに転送するためのサポートを追加しました。これは現在無効になっている機能です。



WhatsAppは、Androidベータ版とWindowsバージョンのアプリで新しい「グループの説明」機能もテストしています。ユーザーはグループ名をタップするだけでグループの説明を追加できます。説明を追加するためのオプションは、グループ画像の下に表示されます。グループ以外の管理者は、グループの説明を追加することもできます。

言語
Spanish Bulgarian Greek Danish Italian Catalan Korean Latvian Lithuanian Deutsch Dutch Norwegian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Turkish French Hindi Croatian Czech Swedish Japanese